未払残業代の請求

未払残業代問題は過労死・過労自殺の温床

 これまで、残業代の示談・訴訟・労働審判など多くの残業代請求を担当してきました。会社からすれば、労働者をいくら長時間働かせても、コストがかからないのですから、未払残業代の問題はまさに過労死・過労自殺の温床になっているのです。
 ご自身がきちんと働かれたのに、その対価が支払われないということは、不条理そのものです。また、退職後に残業代請求をしたことで、その企業の労務管理が改善されたケースもあり、在職中の元同僚の方々に対する過重労働対策にもなります。
 残業代請求は、どの弁護士でもできるように思われがちですが、労働時間の証拠収集の工夫や管理監督者性の判断、各種手当の性格など知識・経験の有無で異なってくるケースはあります。
 特に退職された方は、残業代を請求するのに、企業との関係で障壁はほとんどなくなります。他方で、長時間の残業があった場合などは、次のステージへ進むための経済的な補償という意味でも重要です。未払残業代があるのであれば、企業に請求することを検討するためにもご相談ください。

初回面談、相談フォーム、電話、FAXでの相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

TEL:06-7636-2206(平日9:00~18:00) FAX:06-7636-0078
無料ご相談フォームはこちら