プロフィール

弁護士 立野 嘉英(たちの よしひで)
所属弁護団・ネットワークなど
  • 大阪過労死問題連絡会
    (大阪で過労死問題に取り組む医師・弁護士などのネットワーク)
  • 過労死弁護団全国連絡会議
    (全国で過労死問題に取り組む弁護士のネットワーク)
  • 職場のメンタルヘルス事例研究会
    (精神科医、大学講師、産業カウンセラー、労働組合のメンバーなどがメンタル
     患者の支援に取り組むネットワーク)
  • 自死遺族支援弁護団
    (自死遺族を取り巻く種々の法律問題を支援する弁護士の集まり。労災だけで
     なく、相続、生命保険の不払い、賃貸人・鉄道会社からの賠償請求などへの対応
     についても取り組んでいます)
取り組みなど
過労死企業名情報公開請求訴訟弁護団(主任。過労死を発生させた企業名の公表を求める情報公開裁判。大阪過労死問題連絡会が大阪過労死を考える家族の会(過労死遺族のネットワーク)と一緒に取り組んでいます。1審は全面勝訴し、現在は控訴審で国と闘っています。主任を務めさせていただいております。)
メッセージ
 個人が、労災申請をしたり、会社相手に民事賠償を求めていくということは、精神的に非常にハードルが高いものだと思います。ですが、労災補償は被災者やそのご家族の今後の生活にとって、とても大切な意味を持っています。
 労災補償の意味や内容すら知らずに、労災申請の手続きをされていない方が多く、また間違った進め方をしたことで認定が遠ざかってしまうケースがあることから、そのようなケースを一つでもなくすことができればとこのサイトを立ち上げようと思いました。また、相談を受ける弁護士個人の顔や普段の取り組みが見れる方が、皆さまにとってもご相談しやすいのではないかと思います。
 経済的なハードルについては、労災認定が出るまでは着手金をいただかないことなどで対応しています。相談料金も相談フォーム・電話・FAXは無料にし、初回面談も無料にしています。 また、実際に労災認定や民事賠償を勝ち取るまでには、種々の壁が立ちはだかることがあります。その壁を超えるため、場合によっては壁を回避するため、労災認定実務について今後も研鑽を積んで、皆さまの補償につなげたいと願っています。